福島県eスポーツ協会(FSeSA)公式サイト

News

2021年11月28日に福島県全体の青年会議所の卒業式のアトラクションとしてeスポーツコンテンツをを企画・運営させて頂きました。 eスポーツコンテンツとして「ボンバーマン大会」、「ストVエキシビジョンマッチ」を行いました。 協力は福島県のゲーミングチームの「FUKUSHIMA GAMING」に大会の運営などを手伝って頂きました。 250人ほどいてかなりの盛り上がりでしたが、スタッフが少ない中の運営だったので写真などほぼ撮れなかったので残念でした。。 様々な方にeスポーツや地元の選手を知っていただけて、とてもいい機会になりました。 福島県の青年会議所の集まりにて▼ eスポーツコンテンツ▼ボンバーマン大会#ストV エキシビジョンマッチ@yanai_0213 vs @torimesi911 を企画•運営させて頂きました!協力は@fukushimagaming 中々の盛り上がりで、青年会議所の方々にもeスポーツを楽しんで頂けたかと思います😆 pic.twitter.com/4E8uxYfOAI— 福島県eスポーツ協会(FSeSA) (@esports_fsesa) November 29, 2021 青年会議所の皆様ありがとうございました。

2021年11月13日に開催されたイノベこども科学祭のeスポーツ体験コンテンツを福島県eスポーツ協会で企画・運営させて頂きました。 感染対策があったので入場制限がありましたが、会場には全体で700人の小さい子から中学生の子ども達と保護者が集まり大盛況のイベントでした。 eスポーツ体験の会場は感染対策として90人の人数制限があり入れ替わりの入場が必要でしたので、参加しずらいことも多々ありご迷惑をおかけした部分もありましたが、全体的に保護者の方も含めて楽しまれてたようなのでよかったです。 /イノベこども科学祭2021eスポーツ体験 #FORTNIITE\ 南相馬市にて開催🙌🙌🙌福島県のこども達集合〜😊🎮 🗓️11月13日(土)🗾ロボットテストフィールド 👨‍🎓プロゲーマーによる勉強会🆚ビクロイ大会 ▼出演者▼📌そふぃあ @FN_sofiadayo from @alba_gp1📌フジナッツ健 @bongars_nattu pic.twitter.com/jcAti6U6xD— 福島県eスポーツ協会(FSeSA) (@esports_fsesa) November 3, 2021 今回の企画で提案させて頂いたのは、子どもに大人気のゲーム「FORTNITE」の勉強会と大会というeスポーツ体験です。やっぱりオフラインで「生」のトップ選手のプレイをみたいよね、話が聞きたいよね。って話をしてた時から約1年半越しに実現しました。 FORTNITE公式大会のアジアNo1の実績があるALBA eSports所属のプロゲーマー「そふぃあ」選手と、福島県が誇るゲーム実況のプロフェッショナル芸人「フジナッツ健」さんに出演頂きました。 そふぃあ選手(ALBA eSports)が勉強会の講師、大会の解説をやってくれました。普段はルネサンス高校で講師もしているだけあって丁寧でわかりやすい説明とイケメンすぎるさわやか笑顔に癒されました。 MC兼実況にはゲーム実況者のフジナッツ健さんがずーっと笑いありの熱い進行をしてくれて最高でした。 勉強会ではメモをとってる子がいたり、自分のNintendo Switchですぐに真似して練習していたりと、子ども達の真剣な顔が見れて嬉しくて嬉しくて、、、 勉強会の最後、プロゲーマーへの質問コーナーでも積極的にほぼ全員で質問攻めにしてくれて「みんな恥ずかしがって質問してくれないかも」という不安を吹き飛ばしてくれました。 Yo〜 https://t.co/70fPnTq3ie— ALBA そふぃあだよおおおおお (@FN_sofiadayo) November 13, 2021 後半のNintendo Switch限定の大会は事前エントリーも募集開始から2日で定員(40人)となるくらいの反響で当日ほぼ全員が無事に参加してくれました。初めてのオフライン大会で緊張してる顔が可愛くて、負けて悔しがってる姿も可愛くて、でも最後には勝ち残ってる選手をみんなで応援してる一体感も嬉しくて、、、オフラインってこういうことだよなと改めて感じました。 後日にアフタームービーも公開予定です。お楽しみに。 今回の会場の福島ロボットテストフィールドは福島イノベーション・コースト構想という取り組みのもとできた施設です。福島イノベーション・コースト構想は、東日本大震災及び原子力災害によって失われた福島県浜通り地域等の産業を回復するため、当該地域の新たな産業基盤の構築を目指す国家プロジェクトです。 この構想の中には「人材育成」も含まれており、浜通り地域等の子供たちが、福島イノベーション・コースト構想に希望を抱き、構想の将来を担って世界に羽ばたくエンジニア、トップリーダーとして活躍することを目指して、小中学生、高校生などを含めた地域における教育や人材育成の強化にも取り組んでいるとのことです。 その構想の中で子ども達に伝える目的の取り組みの一つの「イノベこども科学祭」でeスポーツというコンテンツを選んで頂いて嬉しく思っています。子ども達の笑顔が見れたり、大会で真剣な表情が見れたりと、改めてeスポーツっていいなって思えたイベントでした。 そふぃあ先生、フジナッツ健さん、大会参加者の子ども達で集合写真。 eスポーツコンテンツのご依頼いただいた福島県南相馬市様ありがとうございました! #イノベこども科学祭#eスポーツ体験親子参加で大盛況でした👍👍👍こども達もそふぃあさんに強くなる方法を学んで喜んでくれました✨eスポーツルームは入場制限がありましたが、勉強会とビクロイ大会共に大盛況でイベント全体では700人も入場がありました😆 pic.twitter.com/97ojyJa97H— 福島県eスポーツ協会(FSeSA) (@esports_fsesa) November 13, 2021

2021年3月1日、福島県eスポーツ協会は一般社団法人鳥取県eスポーツ協会とパートナーシップを結び、 「ゲーミング英会話」サービスを提供します。※現在無料体験キャンペーン中 ゲーミング英会話の目標 「eスポーツ×英語」教育を通して世界へ ゲーミング英会話は「eスポーツ×英語」教育を通して、これからの時代に必要なスキルや能力を身に付け、世界で活躍できるグローバル人材を輩出します。 ゲーミング英会話とは? 「ゲーミング英会話」とは、オンライン上で「Fortnite」「Call of Duty」などのゲームを英会話講師と一緒にプレイしながら楽しく英会話が学べるサービスです。『世界一英語を教えるのが上手い』と言われているフィリピン人講師がゲームを通じて生きた英会話サービスを提供します。単に英語を勉強するのではなく、若者に人気のeスポーツを取り入れることで『好きなことで英語を学ぶ。』ことができ、楽しみながら実践的な英会話を身に付けられます。 英語は必ずしも完璧に覚える必要はありません。コミュニケーションのツールです。 ゲーミング英会話を体験することで、海外の人とコミュニケーションを取る楽しさを学び、英語の苦手意識を克服することに繋がります。 「英語を勉強する」のではなく、「英語で自分の好きなことをやる」から学習を続けることができ、上達するのです。 大切なのは、​好きなことと一緒に、英語をより身近なもの、親しみの持てるものにしておくことです。 ゲーミング英会話は、英語を用いて複数人でオンラインゲームのボイスチャットによってコミュニケーションを取るので、子供達は英語に親しみが持て、生きた英語力はもちろん、協調性と多様性も身に付けることができます。 ゲーミング英会話は、英語でeスポーツ(好きなこと)をすることで継続でき、英語にハマり、最終的に英語力を伸ばすことを目的としたサービスです。 無料の体験レッスンも行っておりますので、お問い合わせはお気軽にどうぞ。 ゲーミング英会話5つの特徴 世界一英語を教えるのが上手いと言われている、プロのフィリピン人英語講師による英語レッスン ゲームをキッカケに英会話とプログラミングの学習ができる 少人数から調整可能なグループレッスンで学習が可能 レッスンで分からなかったところをチャットで聞ける(平日10:00-22:00)※英語での対応 就職・転職サポートあり プロの英語講師によるオンライン英会話 プログラミング英会話のレッスンの様子 各コースのレッスン概要 ゲーミング英会話レッスン概要 内容 プロの英会話講師と、英語を用いて 共通のオンラインゲームをプレイします。 価格 9,800円(税別)/月々(1生徒当たり) レッスン時間 1レッスン50分、月10レッスン レッスン提供方法 オンライングループレッスン(2-3名) ※受講生徒2名以上で実施 ゲームタイトル Fortnite/ Call of Duty (※今後ゲームタイトルは増える予定です。) レッスン時の使用ツール ボイスチャットツール「Discord」、Slack 対応言語 英語 レッスン開始前、終了後にわからないことがあれば 日本人スタッフがSlackにてチャットサポート致します。   ベーシック英会話レッスン概要 内容 プロの英会話講師と、専用のカリキュラムを用いて 英会話の基礎を学ぶコースです。 価格 9,800円(税別)/月々 レッスン時間 1レッスン50分、月10レッスン レッスン提供方法 オンラインマンツーマンレッスン 使用ツール Zoom、Slack 対応言語 英語 補足 プログラミング英会話レッスン概要 内容 英語でプログラミングを学ぶコースとなっております。 世界を舞台に活躍できるITエンジニアを目指すコースです。 IT英語コース、Webデザインコース、Webデベロップコース Ruby on Railsコース AIコースなどお客様の将来目指したい職種や ご要望に合わせたプランをご提案できます。 価格 30,000円(税別)/月々 レッスン時間 1レッスン50分、月10レッスン レッスン提供方法 オンライングループレッスン(2-3名) ※受講生徒2名以上で実施 使用ツール Zoom、Slack 対応言語 英語 レッスン開始前、終了後にわからないことがあれば 日本人スタッフがSlackにてチャットサポート致します。 ※予約状況・ゲームタイトルにより人数が変動する可能性があります。 ※学校・企業様のご要望によりレッスン回数、レッスン開始時間のカスタマイズは可能です。 ゲーミング英会話でご用意いただくもの ・ゲームソフト&ゲーム機(※1) ・Discord(ボイスチャットアプリ)(※2) Discord登録方法はこちら ・ヘッドセット(任意) ・マイク付きイヤホン(任意) (※1)レッスンを行うゲームタイトルがクロスプレイに対応している端末(PC(Windows/Mac)・Switch・PS4)のご用意をお願いしております。 (※2)ゲームのレッスンはDiscordのボイスチャットを用いて行いますので、ヘッドセット・マイク付きイヤホンを利用していただくと会話が聞き取りやすいです。 ゲーミング英会話レッスン開始までの流れ 無料でゲーミング英会話を体験 無料の体験レッスンも行っておりますので、お問い合わせはお気軽にどうぞ。 その他詳細は「ゲーミング英会話」公式サイトよりご確認ください。 (公式HP: https://gaming-english.com/ )

一年前の今日は「福島ゲーミングDAY」が開催された日です。 昨年に続き今年も開催するべく準備を進めて参りましたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴いまして、2020年の開催を見送ることになりました。 昨今の感染拡大や政府・地方自治体からの発表を鑑みまして、出店者様や来場者様はもちろん、当イベントに関係する全ての方の安心・安全を第一に考え、延期という判断に至りました。 来場を楽しみにされていた皆様をはじめ、開催に向けて多大なるご協力を賜りました関係者の皆さまには、ご心配とご迷惑をお掛けいたしますこと心よりお詫び申し上げます。 来年は更にパワーアップして開催できるように努めて参ります。 福島ゲーミングDAYは福島県の様々な観光名所で開催する本格ゲーミングイベントというのがコンセプトです。 今年度の開催は見送る形になりましたが、昨年とは違う観光地での開催になります。 時が来ましたらご報告させて頂きますので、楽しみにお待ち下さい。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で事業をされている皆様には多大な影響が出ているかと思います。 当協会としても、企画が進んでいたイベントもありましたが、影響を受けて全て中止となっています。 協会の動向を楽しみにしてくださってる方には申し訳ございません。 現状は表に見える動きでなく、本気でeスポーツに取り組むプレイヤーのサポートを引き続き注力していきます。 また、福島県eスポーツ協会は、eスポーツを軸に福島県全体の活性化を目的としていますので、 eスポーツだけ盛り上がればいいものでもないと思っています。 福島県が盛り上がる施策として、福島県の商業や観光資源などのPRに繋がるようなeスポーツコンテンツを作っていきたく県協会として活動しております。 ライト層を巻き込み、地方でeスポーツを盛り上げていくには様々な方の理解と協力が必要です。 それには、福島県の事業者と連携してコンテンツを作っていく必要があります。 事業者が大変な時期だからこそ、今を耐えるべくできる限りサポート(応援)していかなければいけないと考えました。 eスポーツとは直接関係のない情報になりますが、 協会代表の高橋経営する会社にて、福島県の事業者様のお役に立てればという想いで、 福島県応援ポータル!「#エール福島」というサービスを立ち上げさせて頂きました。 https://yell-fukushima.com/ コロナに負けずに頑張る事業者様の情報発信・集客の手助けする情報サイトです。 掲載された店舗(事業)は一覧化され、カテゴリや条件、マップから探すことができます。 基本的に事業者のジャンルは問わないのですが、主にテイクアウト・デリバリー・お取り寄せグルメ・先払いチケット・休業情報・コロナ対策グッズ販売 etc…を掲載していきます。 福島県の事業者でお困りの方がいましたら、是非「#エール福島」をご紹介いただければ幸いです。 掲載店が集まれば一般のユーザーの方も使いやすくなり、よりいいサービスになっていきます。 掲載に費用などは一切発生しませんので、こちらのフォームより申請してみてください。 https://yell-fukushima.com/post-a-listing/ ご不明な点があればお気軽にご相談ください。 このような状況ですが、やれることをやって、悲観せずコロナウイルスを乗り切りましょう。 以上 宜しくお願い致します。

福島県eスポーツ協会 × eスポーツスタジアム郡山のコラボイベント 「ゲーミング新年会2020 at eスポーツスタジアム郡山」 1月29日(水)にeスポーツスタジアム郡山にて新年会を開催します。 関係者で新年会しようと考えていたのですが、 せっかくなので様々な方と交流できるように急遽イベントという形にしました。 突発的な開催になりますので、何をするかは、BBQする以外は特に決まっていません! ゲームしてもいいし、ゲームしなくてもいい! 飲むだけ!交流するだけでもOK! eスポーツについて、ゲームについて、福島県について、 ゲームしながらワイワイ語って、交流できる場になればなと考えています。 平日なので集まりにくいかもしれませんが、 集まったみんなで楽しく語り合いましょう! また、当日の企画も大募集! LT・PR・チーム紹介・大会・好きなゲームのプレゼンなど、なんでもOKです! やりたいものがあれば、申し込みの際にご記入ください。 ステージやマイク、大型スクリーンが使えます。 ※18歳未満の方は保護者同伴必須になります。 ■用意してある物 BBQ、お酒、ソフトドリンク ※お酒や食べ物などの持ち込み大歓迎 モニター8台 ※持ち込みのゲーム企画大歓迎 ※持ち込みで使いたい場合は事前にお知らせください ■場所 eスポーツスタジアム郡山 福島県郡山市清水台2-13-29 新年会の開催場所の「eスポーツスタジアム郡山」では クラウドファンディングに挑戦中です! ご支援の程、よろしくお願いします! https://readyfor.jp/projects/esports-koriyama ■人数 先着30名 ※人数に達したら締め切らせて頂きます ※食材調達の関係上1月27日の0時に募集を締め切らせて頂きます ※キャンセルは前日までお願いします お申し込みはこちら https://fsesa.peatix.com/?lang=ja ■スケジュール 17:30 開場 18:30 新年会スタート 乾杯 22:00 締め ■料金 2,500円 当日受け付けにてお支払い頂きます 飲み食べ放題 *注意点* 受け付けの際に年齢がわかる身分証明書を提示していただきます。 身分証明書を提示いただけない方は入場をお断りする可能性がありますので、予めご了承ください。 20歳未満の方は飲酒の厳禁になります。 18歳未満の方は保護者同伴必須になりますので、ご了承ください。 ■主催 福島県eスポーツ協会 https://twitter.com/esports_fsesa eスポーツスタジアム郡山(eスポーツ推進協議会) https://twitter.com/e_Sportsstadium

2019年12月21日に開催された秋田県eスポーツ協会主催の「秋田ゲーミングエンカウント」にて「東北eスポーツ協議会」の発足発表式を行いました。 東北eスポーツ協議会とは東北6県で情報を共有して、東北でのeスポーツの活性化を目的とした団体です。 東北から世界で活躍するeスポーツ選手を輩出できるように、東北六県で情報を共有して、若い子達がより活動しやすい環境を作っていければと存じます。 また、秋田ゲーミングエンカウントにてウイニングイレブンの親善試合「One Team東北3on3 エキシビジョンマッチ」を行い、福島県からは「キンカン」選手が出場しました。